2017年度の生活基礎講習は5月8日スタートです。


ご参考までに(2014年の様子です)

 

生活基礎講習第2回

 

今日は「一日に摂りたい食品の目安」を勉強しました。

 

その後の調理実習では、最初にごはんの炊き方、だしの取り方を学びました

 

メニューは・親子丼・キャベツのごま酢和え・すまし汁・金時豆の甘煮です。

 

段取りを考えながら、てぎわよく時間内にしあがりました。

 

 

基礎講習3回目は、「家の中をすっきりと」ということで、実習はいま注目のセスキを使った掃除です。

 

レンジカバーはスプレーして、羽根は湿布して捨て布でふきとります。

ビニール袋にぬるま湯を入れ、セスキを溶かした中にレンジカバーを入れてみました。1時間ほどを入れたので汚れが戻ってしまいました。こういうときは小麦粉を入れるとよいようです。ぬるま湯の温度が下がらないように発砲スチロールの箱を使う方法もあります。

重曹とセスキの効果の違いを見ました。ひどいよごれではセスキの方が強力です。

 

セスキを使わなくてはいけないほど汚れはためないようにね。

 

 

分量のこと

 

重曹水(重曹小さじ1に200の水)セスキ水(セスキ小さじ1に500の水)クエン酸水(クエン酸小さじ1に200の水)

 

 

 

ステンレスのシンクを拭いてみると姿が映るぐらいぴかっとなりました。

 

ビフォー 

アフター

 

第4回は調理実習

 

シュウマイ 揚げナスの冷パン 青梗菜とエビのスープ 牛乳羹です

 

ポイント シュウマイのミンチは調味料とあわせた後、糸を引くくらいまでよくまぜるとなめらかな仕上がりに。タマネギのみじん切りは絞って水気を切り、片栗粉をまぶしておくと、ミンチをなじみがよくなります。

 

エビは殻を剥き、背わたを取り、塩・片栗粉をまぶしてから水洗いすると、嫌なにおいや汚れがとれます。

 

寒天は温度が下がるとすぐかたまるので、火からおろしたら、すばやくつぎわける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・