魔法の調理グッズ 鍋帽子®

会員制作の鍋帽子®
会員制作の鍋帽子®

調理途中の鍋に鍋帽子®をかぶせておくと

いつの間にかおいしいおかずができ上がり。

そんな便利で手間いらずの保温調理道具が

“鍋帽子®です。

 

鍋帽子®はおよそ20年前に

広島友の会で考案されました。

限りある資源を使い尽くさないように、

電気ガスの使用量を減らしたいという

大きな願いを掲げ

各家庭にできる小さな足元の取り組みとして

婦人之友 2000年11月号に載り、

徐々に各地の友の会、

そして地域の人々に広まっています。

 

鍋帽子は友の会独自のものとして

商標登録され「鍋帽子®」とあらわされています。 

 

 

使い方の基本

   鍋蓋をして具材と煮汁をしっかり沸騰させ、鍋を火からおろします。

   平らな台に座布団を敷いて鍋をおき、鍋帽子®をかぶせます。

   数10分~数時間後、味がしみこんでふっくらおいしい料理の完成です。

 

 

鍋帽子®はすぐれもの

温かい食事がいつでもスタンバイ

保温力に優れているので食事時間のずれる家族にも

温かいものがさっと出せます。

料理上手に

ことこと煮物はおまかせ!味がじっくりしみこみます。

肉の煮あがりは柔らか!

保温中は別のことができます

あいた火口で別の調理も、鍋から離れて外出、就寝も!

CO2削減のエコクッキング

ガスの使用量が減り、CO2削減につながります。

ガス代、電気代も節約!

夏でも涼しいキッチン

暑い季節は朝の涼しいうちに調理すればさらにグッド!

 

 

おすすめメニュー

保温調理に最適な鍋帽子®でこんな料理ができます。

 

*煮込み ・・・ カレー、シチュー、おでん、ふろふき大根

*煮豆 ・・・ 大豆、小豆、金時豆

*蒸し物 ・・・ 茶碗蒸し、プリン

*ゆで物 ・・・ 紅茶豚

*汁物 ・・・ スープ、味噌汁

*ご飯 ・・・ 炊き込みご飯、赤飯

気をつけること

○ 鍋帽子®はセットの座布団とペアで使いましょう。

○ たいらな場所で、使いましょう。

○ 中身が熱いので、小さな子どもの手の届かない場所で使いましょう。

○ せっかく料理を腐敗させないために・・・

   鍋蓋をして中身を沸騰させてから、鍋帽子®をかぶせましょう。

中の様子を見たとき、

後で食べる家族のために保温する場合などは、

鍋蓋をかぶせて再度沸騰させてから、鍋帽子®をかぶせましょう。